夕張市議会の臨時会について

・大変遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・さて、平成30年は市役所の仕事始めとともに、1月9日(火)に議会運営委員会、1月16日(火)には平成30年第1回臨時市議会・議会運営委員会が行ない、1月24日(水)には第2回臨時市議会を行う予定です。

・このような流れになる理由について、今日はご説明させて頂きます。

臨時会を2回行う理由

・夕張市は「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の規定により、平成20年度決算に基づく再生判断比率3項目すべてが財政再生基準を大きく上回ったことから、財政再生計画をを策定し、平成22年3月9日に総務大臣の同意を頂き、以後「財政再生団体」として、行財政運営を行ってきております。

・この法律では既に同意を得ている財政再生計画を変更することができますが、この場合①総務大臣に協議し、同意を得なければならない、②同意することに適当であるかどうか「地方財政審議会」の意見を聴かなければならない、という順序を踏むことになります。

・もちろんこの財政再生計画の変更も「議会の議決」が必要になりますので、まず変更しようとする計画について審査するための臨時議会を行います。(1回目)

・また先に総務大臣に同意を求めた財政再生計画の変更について、総務大臣の同意が得られた後には、財政再生計画の変更内容を予算に反映させるための補正予算に関する議案審査・議決を行うことになります。(2回目)

・通常、財政再生計画の変更は、定例会ごとに行っており、この場合は上記のような手順を会期の中で処理することができますが、事業内容・予算の執行時期などにより、今月のように臨時会で対応することもあるのです。

アクセスカウンター