平成29年第1回定例市議会

・3月9日(木)から22日(水)までを会期として、平成29年第1回定例市議会が始まりました。

・初日である3月9日は、平成28年度5会計の補正予算を議決し、平成29年度予算審査に関連する18議案の提案説明と、市長から市政執行方針、教育長から教育行政執行方針が示されました。

・2日目の3月14日(火)は5議員による大綱質問が行われ、3月7日に総務大臣のご同意を頂いた、財政再生変更計画初年度の行財政運営の方針、新たなまちづくり事業などについての質問が行われました。

・このあとは3月17日(金)に行政常任委員会(予算審査)を行い、3月22日(水)に行政常任委員会の審査報告と、全議案の上程議決を予定しております。

・本議会は財政再生計画の抜本見直しに基づく新たな政策的経費も35事業が計上されていますので、事業詳細等の確認の場にもなります。

市内行事

・定例会会期中には、市内でも夕張高等養護学校卒業式(10日)、平成28年度夕老連世代間スポーツ交流会(11日)、夕張中学校卒業式(15日)が行われ、出席させていただいております。

・11日に行われた平成28年度夕老連世代間スポーツ交流会は、東日本大震災から丸6年という日でしたので、開会前に参加者全員で黙とうをさせて頂きました。

・またご挨拶の機会も頂きましたので、世代間交流の大切さに加え、日頃からの防災の取り組み、居住地以外で災害に遭うかもしれないという意識を持つことも大切と、お話しさせて頂きました。

・会場では、3月7日に夕張市の財政再生変更計画が総務大臣のご同意を頂き、財政再生とともに地域再生も進められるスタートラインに立てるようになりましたので、市民の皆さまからは喜びや安堵のご意見を伺いました。

・新年度、計画を具体的に進めていかなければなりませんので、より一層計画推進により市民の皆様の充実度を高められるような議会活動を展開していくために、しっかりと取り組んで参ります。

アクセスカウンター