年初行事が続きます

・今週も居住地区である南部連絡協議会の新年交礼会(15日)、夕張市老人クラブ連合会、夕張青年会議所の新年交礼会(16日)が行われ、それぞれ出席させていただいております。

 

・どの会でもご挨拶の機会を頂き、また南部ではご出席の方から「今、市が進めていることや、この間新聞に出ていた栗山町議会との連携」について、みんな聞きたいと思うのでと、ご挨拶とは別にお話しさせて頂く時間を設けて頂きました。ありがとうございます。

 

・このようにご挨拶の機会を頂いた場合、今年は特に防災意識の高揚、まちづくりの当事者(行動する、感謝する、発信することを通じて)になる気持ち、行政区域ごとでのこれからの自治などについてお話をさせていただいております。それぞれ議長としてご案内を頂いておりますので、会の開催趣旨などに配慮しつつも、なるべく形式的にならないようにお話しさせて頂くようにしております。

 

・思えば労組の委員長時代から、このスタイルは変わっていないのかな?と思いますが、これも一つの大切な機会ですので、何か一つでも記憶に留めて頂けるようなお話をしたいと心がけております。

 

・今日、阪神淡路大震災から22年目を迎えます。様々な教訓を残した震災でしたが、「避難者の皆さんが恐怖を感じたこと=情報が届かないこと」とのお話を伺ったことがあります。地域での情報伝達については、本年も引き続き取り組む課題です。

アクセスカウンター