雪虫が飛び始めました

・昨日3日の朝、家の窓の外を飛ぶ雪虫を見ました。「冬の使者」とも言われる雪虫が飛び始めたということは、初雪も近いのでしょうね。


・さて、昨日午前は第2回臨時市議会。市立診療所の地下室に設置されている非常用電気設備等が、8月の豪雨により冠水したことにより、設備更新を行う必要があることから、所要の補正予算を組むための財政再生計画の変更について議決しました。


・また午後は、平成28年度交通安全祈願地蔵祭に出席させて頂きました。


・昭和49年に建立されたお地蔵さんですが、平成21年に道道札幌夕張線の改良工事に伴い、現在の場所に移設されました。夕張市民はもとより、夕張へお越しくださる皆様の無事故・交通安全を静かに見守ってくださっています。


・夕張郷土資料保存研究会が発刊した「夕張の碑 ー石碑・石仏なと」には、以下のとおり由来が記されています。

 

ー以下引用ー


■交通安全無事故祈願像■
・札幌方面から夕張市に入り、峠を上りはじめると、すぐに左手に見えるのがこの地蔵さんである。
・昔の二股峠は「三十七曲り」とも呼ばれる交通の難所であったが、昭和41年に隧道ができて現在の二股峠になってからも、難所であることに変わりはなく、死亡事故が多発した。峠に亡霊が出るという噂もよく耳にしたものである。
・そのため、交通安全祈願と死者の霊を慰める意味で、夕張市交通安全協会その他の団体、市民が協力してこの地蔵さんを建立した。
・それ以来、峠での死亡事故はなくなったという。
・交通安全無事故祈願像は、高さ約4.3メートルで台座には市民憲章を刻み込んだミカゲ石がはめこまれている。その左隣に、高さ1.1メートルの小さな地蔵さんも祭られている。
・毎年10月には、交通安全協会を中心に交通安全地蔵尊祭が開かれている。

日没時間も早まりました。引き続き安全運転をよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター