議員会議を開催しました

・昨日7月21日(水)議員会議を行いました。

 

・昨日の議題は、行政常任委員会の報告のあり方についての確認、4月から導入した課・室担当議員制度による対応と、これまでの課題整理、拠点複合施設検討委員からの方向と、当面の日程確認を行っています。

 

・夕張市は現在、1常任委員会のみの設置となっており、執行側からの報告案件の審査、提出予定議案の概要説明などについて審議しておりますが、各課・室から報告される案件について、その取扱いが様々であることから、今回空知管内市議会の状況なども事務局に確認して頂き、一定の整理をさせて頂きました。

 

・また、夕張市が財政再生団体である特殊性や、現在進めている膨大な業務量によることの課題、審議時間が制約されることなどへの対応策として、本年4月から導入した課・室担当議員制度と一層の連動を図ることなどについても確認させて頂きました。

 

・同制度も導入して間もなく4か月を迎えようとしておりますが、まだまだ試行錯誤の状況でもあります。

 

・しかし、限られた議員数、1常任委員会であることの課題を克服するためには、さらにその機能充実を図っていかなければなりません。同時に今後の対応について留意すべき点として、議会基本条例により求められている情報公開の原則に照らして、整理していくことについて確認する会議となりました。

アクセスカウンター