交通繁忙期に向けて

・昨日24日(月)は正副議長会議で、当面の日程、市民懇談会の内容などについて協議を行いました。

・併せて夕張市交通安全市民運動推進委員会総会、街頭啓発、夕張市交通安全指導員の会が開催され、出席しました。

・平成27年度の市内での交通事故発生状況は、人身3件(前年比▲2)、物損61件(▲7)、また平成26年8月から死亡事故ゼロを継続していることなどが報告されました。

夕張市の7大セーフティキャンペーン項目

・総会では以下の7大セーフティキャンペーンの推進も確認しています。

①高齢者事故防止 ②飲酒運転根絶 ③スピードダウン ④シートベルト全席着用 ⑤自転車走行ルール・マナーアップ ⑥居眠り運転防止 ⑦ディ・ライト実践

・これからの交通繁忙期、特に国道は日高・帯広、富良野と観光地への通過車両も増加する季節です。

・また、市内では私もよく目にしますが、車両が接近していても道路を横断される高齢者の方もいらっしゃいます。

・交通安全は車を運転する人は勿論のこと、市民全体が取り組むものという意識を高めていきましょう。

アクセスカウンター