講演をさせて頂きました

・2月6日(土)~7日(日)の両日、奈良県桜井市内で開催された、自治労奈良県本部の2016春闘学習会で、財政破綻から10年を迎える夕張市のについてお話しさせて頂きました。

 

・自治労奈良県本部さんでは、今期春闘の取り組みとして、人員確保の取り組みを進めることとされているとのことでしたので、特に夕張市の行政職員の大量退職による影響、実質赤字解消のため大幅に削減されたことによる住民サービスの低下、行政運営上の課題、職員の苦労、議会の様子などについてお話しさせて頂きました。

 

・お聞きすると県内でも厳しい財政運営からの給与カット、民間委託などが行われているとのお話しも伺ったところで、組合員の中には、財政再生団体の指定も他人事ではないとの思いが強い自治体もあるようです。

 

・人口減少・少子高齢化が進み、財政再生団体である夕張市の行財政運営や、これからのまちづくりは全国から注目を集めているものと思います。同時にその中での行政運営、また公共サービスとしての責任を果たす事業や予算のあり方はどうあるべきか、という点について夕張市の事例と照らしながら、それぞれの自治体の課題を考えて頂く機会を提供させて頂くことができたかと思います。

・夜には交流会・二次会にも出席させて頂き、夕張の個々の事例に対する皆さんのご質問にも対応させて頂くことができましたし、またそれぞれの地域の課題や、そこで頑張っていらっしゃる皆様方のお話をお聴きすることができました。

 

・この場をお借りして、今回お招き頂きました自治労奈良県本部の皆様に心から感謝申し上げます。

アクセスカウンター