寄稿させて頂きました~月刊自治研11月号

・このたび月刊自治研11月号への寄稿依頼を頂いておりましたが、「財政再建団体移行から9年目~夕張は今」と題して寄稿させて頂き、今日、掲載誌を受け取りました。


・月刊自治研への寄稿は2007年11月号・2012年1月号・2014年1月号に続き、4回目となります。


・この間、夕張問題が風化しつつある中、このように現場からの問題提起と現状報告の機会を頂き、関係者の皆様のお力添えに心から感謝するところです。


・今回の寄稿に際しては、来年財政破綻から10年という節目にあって、この9年を振り返って成果と課題を記して欲しいとのご依頼を頂いていたところです。


・数々の出来事や、当時のことが頭を駆け巡り、ご依頼に沿ってまとめることはできなかったかもしれませんが、数値や統計により把握することのできない、現場の実態・厳しさから特徴的な点について書かせて頂きました。


・また、今回の特集は「自治体の借金60年」、Q&A 自治体の借金ーあなたの疑問に答えますーという編集部のページもあり、新人議員さんなどにもぜひ読んで頂きたい内容にまとめられています。


・加えて、本号には北海道支局勤務時に大変お世話になった、毎日新聞社の円谷記者も「財政破綻は回避されたのか―千葉県富津市の事例をもとにー」と題して寄稿されており、夕張を直に取材された記者さんとともに寄稿できたことを嬉しく思います。

アクセスカウンター