第34回東京夕張会総会・懇親会に出席しました

・先週末10月31日(土)、第34回東京夕張会に初めて出席させて頂き、お祝いの言葉を述べさせて頂きました。

・100名の会員様・関係者様が出席する中、3時間にわたり懇親を深めました。

・東京夕張会は北炭夕張新鉱の事故の翌年に発足。この間「懐かしい夕張」と「新たな夕張」を共有して頂く場となっており、会員の受け付けも随時行っているそうです。

・懇親会では出身校の校歌を歌う時間もあり、私も久しぶりに夕張北高の校歌を皆様と一緒に歌わせて頂きました。

・会場では多くの皆様から、「頑張って」という言葉と一緒に、「(夕張を)よろしくお願いします」とのお言葉も頂きました。

・何年の時間を経ても、皆様にとって温かい思い出の詰まった故郷。初めて出席させて頂きましたが、あらためて皆様の故郷への思いを受け止めさせて頂いたところです。

・今野会長様をはじめ、役員・事務局の皆様には心から感謝申し上げるところです。

社会福祉法人 清光園 開設40周年記念式典・祝賀会

・翌日、11月1日(日)は市内で、社会福祉法人 清光園の開設40周年記念式典・祝賀会が行われました。

・式典では岡崎光雄理事長様が、この40年を振り返り、併せてこれから法人が果たす役割と決意を交えてご挨拶をされました。

・また、法人運営にご協力頂いた皆様方の表彰、永年勤続表彰が行われました。

・その後は、鈴木市長の記念講演が行われ、祝賀会へと移行しました。

・祝賀会には同じく夕張出身・活動40周年を迎えられたLILIES・リリーズさんがサプライズゲストとして華を添えられました。

・法人として市内に最初に建設された特別養護老人ホームは、当時私も小学生でしたが、大きな、立派な建物が建ったと思っておりました。
・岡崎理事長様からは、行政や地域に支えられてとのお言葉がございましたが、これまでの法人の活動は地域を繋ぐ役割を果たされてきたものと考えますし、これからも地域福祉のみならず、地域の自治においても中心的な役割を担われるものと思います。
・この40年の関係各位のご奮闘に敬意を表し、感謝申し上げます。

アクセスカウンター