夕張太鼓記念演奏会を行います

・昭和45年、夕張市総鎮守である当時の夕張神社本間大堯宮司が創始者となり、石炭産業が斜陽を迎える中、炭鉱労働者を中心に夕張太鼓を結成、本年、初打ちから45周年を迎えました。


・また昭和59年には一度会を解散せざるを得ない状況となりましたが、翌昭和60年には、郷土芸能である夕張太鼓を市民的財産として位置付け、青少年の育成・郷土芸能の継承などを目的とし、夕張市教育委員会様・夕張商工会議所様を中心に「夕張太鼓保存会」を発足して頂き、本年で30周年となります。


・この間、炭鉱の閉山などによる人口減少・会員の減少から、幾度となく夕張太鼓の存続が危ぶまれる状況となりましたが、創始者である夕張神社本間大堯宮司をはじめ、関係各位のご尽力、また地域の方々にお育て頂き今日まで引き継ぐことができているものです。

・ご縁がありまして私も平成24年から保存会の会長を務めさせて頂き、微力ながら会の運営などにあたらせて頂いております。


・皆様、ぜひお時間がありましたは会場へお運びください。 

アクセスカウンター