夕張高校インターンシップ報告会にお邪魔しました

・先週22日(水)、夕方から岩見沢市において、平成27年度南空知ふるさと市町村圏組合議会の第1回臨時会へ出席しなければならないことから、約1時間ほどの参加となりましたが、夕張高校にて行われた、平成27年度インターンシップ報告会に、小林副議長・本田議員・千葉議員とともに出席しました。

・この日は6月に行われた就業体験について、18チーム34名の生徒が、パワーポイントを使用し、それぞれ二日間の就業体験の報告を行いました。

・高校生が訪問した事業所は様々で、それぞれ体験先では実際の業務に従事しながら、それぞれの仕事の大切さ、またこれから就業するに際して高校時代に取り組んでおきたいこと、などが報告されました。

・私は移動の関係で同席できませんでしたが、報告のあとは各受入事業所から助言者の方も参加されておりましたので、働くことや、仕事や社会の厳しさなどについての助言があったと伺ったところです。

・社会へ出ていくことは、その生徒を取り巻く環境も大きく変わり、戸惑うことも多いかもしれませんが、このような経験を通じて働くことや、社会の一員となることへの理解がさらに進んだものと思います。

・生徒のみなさん、お疲れ様でした。

週末は産炭地議員連絡協議会役員会・滝ノ上町内会ビールパーティー

・25日(土)はお昼に岩見沢市において、産炭地議員連絡協議会役員会が開催され、統一自治体選挙の各地区の報告ののち、今年度総会及び行動日程の確認を行ったところです。

・特に協議事項の中では、今年度中に策定する地方人口ビジョン及び地方版総合戦略について、とりわけ産炭地は将来に向けた課題には共通点があることから、今後においては状況報告を密に対応することを確認したところです。


・また、夜は市内滝ノ上町内会のビールパーティーにお招きを頂き、主催者様のご配慮もあり、ごあいさつの機会を頂いたところです。

・町内会主催のビールパーティーとはいえ、参加者は全市から集まられておりました。これは例年そのように対応されているとのことですが、JRの運行時間に合わせてパーティーの時間設定していること、ビンゴゲームや抽選会の賞品なども魅力のようです。

・往復とも私も列車に乗車させて頂きましたが、滝ノ上に限らず、他の駅所在地でも時間設定の配慮によって、全市的な交流が行えるのではないかと、非常に参考になりました。


アクセスカウンター