あらためて財政再生計画を確認

・週末に引き続き、昨日25日(月)も議員会主催の研修会を行いました。

・昨日の研修は、初当選の議員さんもあり、また夕張市は財政再生団体でありますので、財務課長をお招きして財政再生計画の概要・ルール・進ちょく状況などについてあらためて全議員で確認を行いました。

・また平成27年度の一般会計当初予算については、改選期となったことから政策的経費の計上を見送っていること、今年度も8月上旬に国・北海道及び夕張市の三者協議を予定していることなどについても説明を受けたところです。

・夕張市の場合、財政再生計画に計上していない事業を新たに実施する場合は、国・北海道との協議が必要になります。事業の内容によっては翌年度実施したいと思えば、当年度の4月頃から庁内協議を行い、8月の三者協議に向けて調整・準備を進めなければなりません。

・このように一般的な自治体の予算編成時期と比べて、半年前からその実質的な作業に着手しなければならないものもありますので、今後各議員が議会議論を行う中でも、このような行政側の作業スケジュールは常に念頭に置かなければなりません。

・また夕張市の歳入の約半額を構成している地方交付税交付金や、地方財政計画についても今後研修課題としていきたいと考えております。

総会開催の季節です

・先週末から夕張警察官友の会平成27年度総会(22日)、夕張の再生を考える高齢者の会総会(23日)、平成27年度夕張市交通安全指導員の会総会(25日)が開催され、市議会を代表してそれぞれご挨拶をさせて頂きました。

・23日に開催された、夕張の再生を考える高齢者の会総会では、総会終了後引き続き講演会が行われ、北海学園大学の西村先生が「夕張再生への課題」と題して講演されました。西村先生は継続的に夕張市の情況把握を行ってくださっておりますので、今回の後援会においても今後の市民活動・議員活動における的確なご示唆を頂ける内容となっておりました。

アクセスカウンター