引き続き議会間交流を

・昨日21日(木)、栗山町議会から鵜川和彦議長と、先の町議選で初当選された、行政職員・組合運動の大先輩でもあります千葉清己議員が夕張市議会にお越しくださいました。

・栗山町議会さんとの議会間交流は前期から行われているものですが、昨日は議会間交流の継続、未開通道道についての要望活動強化、将来の広域連携に向けた調査・検討などについて鵜川議長からお話し頂きました。

・また栗山町議会において開催する研修会などについても、お声かけ頂けるとのお心遣いを頂きました。

・私からも、全国から議会改革の先駆者として評価されている栗山町議会さんとの交流は、夕張市議会にとっても学ぶものが多く貴重な機会を頂けるもので、議会間交流の継続は夕張市議会としても強く希望していること、また研修開催におけるお心遣いに感謝の意をお伝えしました。

・夕張市においては、平成19年度に財政再建団体に移行してから、総務大臣の同意に基づく計画遂行、実施事業の追加・変更についても議案提出の段においては総務省・北海道の許可に基づき行われているなど、他自治体との議会議論や議員の活動視点などについても違いがあります。ならないものですので、引き続き夕張市議会にとって貴重な機会である議会間交流については、栗山町議会さんのお力添えを頂き、さらに内容の充実を目指したいと考えます。

アクセスカウンター