今期最後の議会だより

・昨日26日は北海道知事選挙が告示となりました。

・中央依存の道政を継続させないための重要な選挙であることは言うまでもありません。

・また、夕張市長・市議選の告示まであと26日となりました。こちらも自身のことですのでしっかりと準備を進めてまいります。

・さて、第1回定例市議会が終わりましたので、議会だよりの編集・原稿作成も行っております。今期最後の発行となります。
・市民参加や情報公開が議会に強く求められる中にありますが、この議会だよりも財政再建計画からの歳出削減策により、平成24年度までは印刷も外注しておらず、市役所の簡易印刷機で印刷を行っておりました。

・しかし残念ながら写真などを掲載しても鮮明でなかったり、一般文書と違い文字数が多くなりますと、読みにくいなどのご指摘も頂いておりました。

・平成25年度からは、議会基本条例制定を契機にさらに情報公開を図っていくものとして、財政再生計画の総務大臣同意を受け、外注予算を確保してきたところです。

・とは言え、予算としては約31万円で、A3両面単色印刷×4回分、プラスA4両面1回分の予算額ですので、現状ではこれ以上の紙面の充実を図ることは困難となっております。お隣の栗山町さんの場合20ページほどの議会だよりを作成されておりますので、その差は歴然です。

・来期に向けては編集面でも改善すべき点が多々あるものと感じております。一方で編集を担当させて頂いたことで、各議員の質問意図や発言内容確認のためには何度も関係条例の確認なども行ってまいりましたので、このことは私にとってはとても勉強になりました。

・夕張市は高齢化が進み、文字を読むのが億劫という方が本当に多くなってきております。市も広報・ホームページやツイッター、議会も議会だよりを通じて様々な情報提供を行ってきておりますが、議員が市民の代表として、また議決の責任に基づいて、地域でしっかり説明できる、積極的に説明することがより大切になってきております。

アクセスカウンター