統一自治体選に向け事務所開きが続きます

・年が明け、各新年会・会合などに出席させて頂いておりますが、4月に行われる第18回統一自治体選挙の話題が多くなってまいりました。


・また、4月12日が投票日となる北海道議会議員選挙の候補予定者の後援会事務所開きも相次いで行われております。


・1月17日(土)には、労組青年部時代からお世話になっている、苫小牧市選挙区選出の沖田清志北海道議会議員の事務所開きに出席させて頂きました。


・会の中では、ご来賓として出席された、中野裕隆副市長から「新千歳空港の24時間運用に関する苫小牧市地域協議会に出席(傍聴)された道議会議員は沖田道議だけ。日頃から現場を大切にして頂いていることの表れ。これからも苫小牧を支えて頂きたい。」とのご挨拶がありました。


・また沖田道議からは、今の中央依存型の道政から脱却し、真に道民が望む道政運営を実現し、苫小牧を元気にしたい!と決意が述べられました。

・また集会の結びは、事務所開きに駆けつけられた

道議選・苫小牧市議選の候補予定者のご紹介があり、連携して選挙戦を闘っていくことを確認し、ガンバロー三唱を行いました。


・私も諸々と準備を進めさせて頂いておりますが、やはり事務所開きに出席させ頂きますと、本当に気持ちが引き締まります。


・このあと25日には北海道議会議員候補予定者中川ひろとしさん(岩見沢市選挙区)、31日には稲村ひさおさんの後援会事務所開きが開催されますので、出席させて頂く予定です。

アクセスカウンター