関西京都今村組の演舞が行われました

・昨日11月8日(土)南部市民体育館で『関西京都今村組』の演舞が行われました。

『関西京都今村組』さんは、2007年から財政破綻した夕張市民に元気を!と、これまで札幌で開催されるYOSAKOIソーラン祭りの日程に合わせ、夕張へお越しくださり、演舞を披露してくださっていました。


・チームは本年のYOSAKOIソーラン祭りには不参加でしたので、夕張での演舞もありませんでした。


・昨日の今村総代表のお話しの中でも『本祭不参加は自分たちの意思できめたこと。ただ夕張との約束を果たせないことが心残り。それでも神様はいて、隣町での講演に呼ばれ、夕張にも来ることができた』とお話してくださいました。また夏祭りへの参加なども検討してくださっていたようです。


 ・昨日は100名以上のお客様がお越しくださり、1時間の予定を30分近くオーバーしての演舞と市民との交流が行われました。また演舞の前には地域のお母さん方がカレーライスなどを振る舞いました。

 

・私も『音響』担当で、前日から準備させて頂きましたが、借用した設備が不調だったところですが、札幌の本祭でもご活躍され、今村組とは親交の深いアキラさんが、音響機材を積んで夕張まで駆けつけて下さっておりましたので、状況をご相談の上、そっくり機材を交換して頂くことができました。

 

・演舞の中でも今村総代表は『今の日本人は忘れすぎる。東北のことも、そしてこの夕張のことも』とお話ししてくださり、来年また来ることを約束してくださいました。本当にありがとうございました。


アクセスカウンター