2014年度自治労日高・胆振・空知 自治体議員連合定期総会・政治政策集会

・11月1日(土)札幌市において2014年度自治労日高・胆振・空知自治体議員連合定期総会・政治政策集会が開催され、出席しました。

・総会では2015年度、特に来春の統一自治体選挙に向けた取り組みを確認し、併せて田中昌幸深川市議会議員を会長とする役員体制についての確認も行いました。

政治政策集会

・総会のあとは引き続き、民主党北海道副代表で前衆議院議員の逢坂誠二氏をお招きし『政治政策集会』が開催されました。

・講演は『北海道の自治を見つめなおす』、『北海道のエネルギー政策』を中心として、日銀の追加金融緩和、北電の料金値上げの背景、自治のあり方~国に翻弄されない地域の主体的な取り組みなどについて、示唆に富んだご講演を頂きました。

・またこれからの自治体議会のあり方についてのご意見も頂き、常々私も感じていたところでありましたので、実践に向けて課題をまとめたいと、あらためて感じたところです。

・自治のあり方・自治の密度、特に地域の魅力発信の大切な部分については本当に同感できるもので、反面夕張市内においてはどうだろうと考えた場合、全体のルールと関わりという点においては、まだまだ不十分であるとも感じます。

・多くの人が自治に関わること、『本物』でなければ最後まで残れないこと、休んではいけないこと、地域でお金を動かす仕組みを考えること等々、あらためて夕張でも皆さんとともに考え、行動する機会を作っていきたいと思ったところです。

アクセスカウンター