稲村ひさお 北海道議会議員の夕張後援会を設立しました

・今日は、私の後援会総会を開催して頂きました。

・総会では長岩勝雄 後援会長から、私の活動についてご紹介頂き、激励も頂きました。また活動方針案、規約の改正案、役員の確認について確認して頂きました。

・また、本年は10月下旬に市内5か所で、地区懇談会を開催して頂けることとなりました。日程については、あらためてホームページでもご案内させて頂きます。多くの皆様にご参加頂ければ幸です。

・週末のご多用の中、ご出席頂いた皆様、ご準備頂いた長岩会長はじめ後援会役員の皆様に衷心より感謝申し上げます。

 

・併せて、今日は私の後援会総会終了後に、北海道議会議員 稲村ひさおさんの地域後援会「稲村ひさおと明日の道政を拓く会・夕張後援会」を設立いたしました。

夕張問題に迅速に対応できる連携をより強くするために

・私の後援会終了後、北海道議会議員 稲村ひさおさんの地域後援会「稲村ひさおと明日の道政を拓く会・夕張後援会」設立総会を開催しました。

・発起人会の提案に、満場一致で夕張後援会の設立をご確認頂き、併せて大変僭越ではありますが、私が会長の任を務めさせて頂く運びとなりました。

・稲村道議とはお互いの前職時代から20年来のお付き合いをさせて頂いております。また稲村道議は平成19年、夕張市が財政再建団体に移行した年に初当選をされていることもあり、夕張市の財政再建問題を最重要課題として、私もしっかりと連携を密にし、これまでも取り組んで頂いております。

・とりわけ財政再生団体である夕張市は、市単独で解決できる課題は僅かであることから、国との対応、北海道との対応が必ず必要になって参ります。これまでも北海道への対応には迅速に取り組んで頂いているところです。

・このような状況に特段のご理解を頂き、夕張市内でその活動をしっかりと支援するために、本日の地域後援会設立となったものです。

・これまでも私たちは夕張問題を「点」でとらえるのではなく、継続して取り組まなければならないもの「線」ととらえ、常に確認・協力・協議できる体制を作って参りました。このことの重要性をさらに多くの皆様にご理解頂けますよう、活動を展開して参ります。

アクセスカウンター