各種団体と市議会の意見交換会を行いました

・第2回定例市議会も本日閉会しました。今議会には議案11件・報告8件・意見書案4件が付議され、それぞれ議決したところです。
・そして先ほど18:00からは市内各種団体と市議会の意見交換会を行いました。
・意見交換会には8団体から9名の皆様にご参加頂いたところです。
・各種団体からのご意見としては…
 
「避難所のあり方や防災時の対応について」
「教育を取り巻く地域との連携・小1プロブレムについて」
「民生児童委員の今後の活動について」
「若い人が安心して定着できる環境づくりについて」
 
などについてのご意見を頂いたところです。
 
・今回のご意見でも、やはり平成18年度に策定した「財政再建計画」からの基本的な考え方である「歳入の確保と歳出の抑制」、「緊急性・重要性があり、かつ市民の安全・安心に関わるもの」以外の課題であっても、今後の街づくりにおいては極めて重要なご意見も頂いたところです。
 
・中でも私は、全体のご意見の中から、財政再建団体移行前には4箇所あった「連絡所」がなくなったことの影響を随所に感じたところです。
・現在は「ふれあいサロン」として地域の皆様のご協力も含め、行政相談や書類取次などが限定的に行われておりますが、今日の様々なご意見をお伺いしていると、この広範な夕張市、少子高齢化が進む中にあっては、今後一定期間、従前の役割までは担えないにしてもその機能や役割が必要ではないかと感じたところです。
 
・現在サッカーワールドカップが開催されておりますが、ミッドフィルダーのような「行政的課題も一定処理できる司令塔」のような方の配置が必要ではないかと感じたと言うことになります。
 
今後の課題として提示させて頂き、議論してまいりたいと思っております。
 
・今日の意見交換会の私なりの感想としては、前回と比べ「個々に処理しがちな各団体ごとの課題について、耳を傾け合い、全体で共有し考えあう空気」がより強くなったのではないかと感じました。

 

・このような成果を確認しつつ、今後の活動に反映させてまいりたいと思います。

明日からは東京へ

・また明日からは、21日(土)に開催される、一般社団法人SDCP発声障害患者会の総会・イベントに参加するため、東京へ向かいます。

・明日は他の地方からの参加メンバーと一緒に、映画「ジストニア」の上映会にもお邪魔する予定をしております。

・総会・イベントも東京の理事メンバーが中心になって進めてくださっており、私はWEB上の共有フォルダで随時、私の任務も含めて確認してまいりましたが、当日も限られた準備時間で本番を迎えなければなりませんので、これから最後のチェックをして、当日の対応を再確認したいと思います。

アクセスカウンター