ゆうばり小学校第3回卒業証書授与式

・13日(木)の夕張中学校卒業式に続き、昨日19日(水)は夕張市立ゆうばり小学校の第3回卒業証書授与式が行われ、出席させて頂きました。

・この日の卒業生は41名でした。卒業生の皆さんおめでとうございます。

・平成23年度に6校の小学校を統合して3度目の卒業式ですが、実は財政再建団体に移行後、平成19年度末に私の居住する南部の幌南小中学校を当時の清水沢中学校に統合、平成20年度から市内で初めてスクールバスを導入した年に入学した1年生の卒業でもありました。

・またこの日の卒業生が3年生の頃には、学校を稼働させたままでの大規模改修工事も経験しています。

 

・現場の先生からも「近年、小学校卒業と同時に転居されるご家庭が増加の傾向にある」と伺ったことがあります。

・昨日も3名の児童が、夕張中学校の制服ではないものを着用しておりました。詳しい理由は存じ上げませんが、市外の中学校へ進まれるということは間違いありません。

・しかし一方で、子供たちの市外進学や転出などの原因が夕張市の財政再建に起因するものだとすれば、看過できないものです。

・4月に入学してくる新1年生は、財政再建団体に移行した年度に生まれた子どもたちです。

・法制度上の「限られた財源・予算の中で計画性を持って」ということだけでは耐えられなくなってきていることは明白です。

・このような状況を踏まえた対応を市は明確にする時期に来ていると思います。

・本日も予算審査を継続しますので、このあたりについても確認してまいります。

 

 

アクセスカウンター