この1年お世話になりました

皆様、良いお年をお迎えください

・2013年も残すところあと9時間ほどとなりました。

・議員活動のスタートとともに開設したこのホームページ。2013年もご覧いただきましたことに対しまして深くお礼申し上げます。

・ここでは、地域活動・議員活動はもとより、夕張のイベントや近況、また自信の病気であるけいれん性発声障害についてもお伝えさせて頂きました。

・また、常任委員会の報告事項や審議の状況などは、市民の皆様に触れて頂く機会は新聞の地方版でしか行われていないことから、会議の都度概要についてまとめ掲載させて頂きました。

・市民の皆様からは、わかりやすくまとめて頂いている、報告事項について、もっと詳しく教えて欲しいなど、不十分な内容ながらも皆様に届いているものと感じて参りました。新年はさらに内容を充実すべく取り組んでまいる所存です。

 

 

・2014年4月からは、いよいよ任期最終年となります。

・2006年、夕張市の財政破綻以降、市職員、あるいは労組委員長として、また2011年からは市議会議員として、計画策定時からの問題点を見つめて参りました。選挙立候補時には「夕張市の最大の課題は、財政再生計画の大幅な見直しが必要である」旨、お訴えさせて頂き、これまでこの基本軸にはぶれずに活動をさせて頂いたと思っております。

・また、鈴木市長も「不退転の決意で、政治的課題である「財政再生計画の期間短縮」と、市民の皆様が安心して幸せに暮らし続けられるまちを創るために取り組んでいく。」とされております。

・これは単一の手法によりなし得るものではありませんから、新たな特定財源などの活用、財政健全化法と再生振替特例債償還における課題(交付税法の目的との矛盾)等々、複合的に考えていかなければなりません。

・これらは「高いハードル」とは言われておりますが、「夕張市民のために」どうあるべきかを明らかにするところから、求めるべきもの、進むべき方向を見出さなければなりません。

・一市民として48年間夕張市を見て参りましたが、地域の衰退とともに街の、市民の、活力が急激に低下しているように感じます。

・このような状況を踏まえ、2014年もしっかりと活動してまいります。

 

 

・この1年間の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。

 

・皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

アクセスカウンター