平成25年度 公立高等学校配置計画案(平成26~28年度)が昨日公表されました

・北海道教育委員会は昨日4日、平成25年度公立高等学校配置計画案(平成26~28年度)を公表しました。

・夕張高校については、平成24年度決定の高校配置計画の変更(間口減)、平成25年度計画案における、平成28年度計画の動向(地域キャンパス校化)が危惧されましたが、どちらもも盛り込まれず、まずは一安心という状況です。

・しかし、平成28年度には市内中卒者数は現段階で既に40人以下となる見通しで、進路動向によっては夕張高校受験者はさらに少なくなるものと思われます。

・地域としてもどういう教育環境を市内に残すべきか。夕張高校のあり方の検討は、現在行政・学校・市民などによる夕張市高等学校対策委員会が設置され、議論されておりますが、さらに加速させなければなりません。また、予算措置が課題ですが、委員会として地域キャンパス校の視察なども必要と思われます。
アクセスカウンター