公立高等学校配置計画地域別検討協議会を傍聴してまいります

・今日、5月1日(水)は岩見沢市において、平成25年度公立高等学校配置計画地域別検討協議会が開かれます。今日はこの会議を傍聴してまいります。

 

・2006年に策定された北海道教育委員会の「新たな高校教育に関する指針」に基づき、毎年度「公立高等学校配置計画」が決定されております。計画に基づくこの間の再編・統合は全道で募集停止19校、再編・統合による削減17校(いずれも予定含む)となっております。

 

・「配置計画」により再編・統合、募集停止とされた高校では入学希望者が激減する状況もあると伺っており、また子どもの進学を機に地元を離れるケースもあるといいます。

 

「新たな高校教育に関する指針」に照らせば、夕張高等学校も既に再編整備・地域キャンパス校化の対象校に該当している状況です。

・また、これまで南空知管内で出された意見としても「現在の再編整備は岩見沢への集中を加速させているのみではないか?」との意見もあります。

 

・今日の会議は「2014年度配置計画」策定に向け、空知南学区の行政・学校及びPTA関係者を対象に行われます。

 

・2013年度当初の現状確認が主になるものと思われますが、その内容をしっかりと確認してまいります。

アクセスカウンター