ゆうばり小学校6年生との意見交換会・栗山町議会さんをお招きしての議会基本条例勉強会

ゆうばり小学校6年生との意見交換会

・2月8日(金)午前10時から、ゆうばり小学校6年生を議事堂にお招きして、意見交換会を行いました。

・この日は41名の児童が出席し、まず授業対応として議会の主な仕事や、市議会の仕組みなどについて高橋市議会議長から説明を行い、その後約1時間にわたり、児童からの質問を受け、各議員が答えました。

・この日は時間の関係もあり、質問を中心に対応させていただきましたが、要望についても24件頂きました。この要望については、回答をとりまとめて後日、お届けすることとしています。

・要望は「給食費や保育料を無料にして子どもや子どもを育てている親たちに優しいまちづくりをしてほしい」、「公園の維持」、「路線バスの時間を早めてほしい」など、子どもたちの生活目線での要望となっています。

・回答を作成することは、議会の考え方、市の考え方も確認する必要がありますし、要望の背景などについても確認しなければなりません。

・今週、学校へお邪魔して、お話を伺ってこようと思います。

写真は提出された質問の内容です。

栗山町議会さんをお招きしての議会基本条例勉強会

・同日午後は、栗山町議会さんをお招きして議会基本条例についての勉強会を開催しています。

・栗山町議会さんでは平成18年5月に当時全国で初の議会基本条例を制定しています。

・私もこれまで議会改革に係る様々な提案をさせて頂いているところですが、この議会基本条例制定についても目標の一つでありました。

・現在、夕張市議会も議会基本条例制定に向け、討議を繰り返しています。これまでも栗山町議会さんの取り組みは、関係図書などにより学ばせて頂いておりましたが、具体的な運用やその中の成果、課題などをお伺いすることができ、貴重な勉強会となりました。

・私も討議の中では「全国唯一の財政再生団体議会が条例制定に取り組む意義や、固有の課題についての情報発信機能」などについて意見反映させて頂いたところです。

・この日の勉強会を通じて学んだことを、夕張市議会なりに実践できるようにしていかなければなりません。

アクセスカウンター