「子ども会議」を傍聴しました

・1月10日(木)夕張中学校・多目的ホールで開催された『平成24年度ゆうばり仲間づくり「子ども会議」』を傍聴してきました。

・夕張仲間づくり「子ども会議」は、いじめをなくすために、自分たちで何ができるかを考えることを目的に行われ、今回で2回目の開催となります。

・「子ども会議」には、市内の小中高、児童・生徒会役員が参加し、各学校での仲間づくりの実践発表が行われました。

・その後は意見交流、夕張には馴染み深い「幸せの黄色いハンカチ」から明るい学校づくりのシンボルにと、イエローリボン作りを行い、会議の結びには、各学校の宣言が読み上げられました。

・私も感想を述べる機会を頂きましたので、宣言を学校全体で確認し、活かしてほしいこと、仲間づくりや社会での人と人とのお付き合いは笑顔で受け入れることが大切、笑顔から始まることだと思うこと、などについてお話させて頂きました。

・このような活動を通じて、個性を認め合うことや、支え合うことが社会生活の中にあっても基本であることを、あらためて確認し合う機会になったのではないかと思います。

アクセスカウンター