新年あけましておめでとうございます

・皆様新年あけましておめでとうございます。猛吹雪との予報もありましたが、穏やかに新年がスタートしました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・昨年は議員活動2年目を迎えました。夕張市の財政再生の取り組みも6年目となりましたが、夕張市にとって大きな課題であり、ここから視点を逸らさないことを念頭に議員活動を進めてまいりました。

・平成26年度からは、「再生振替特例債」の元金・単年度で約26億円の償還が始まります。(平成22~24年度までは約5億8千万円の利息のみ償還していました。)

・一方、夕張市まちづくりマスタープラン策定や、国・北海道及び夕張市の三者協議が現地開催されるなど、「まちづくりの指標」や「現状」の課題は一定、明らかにされてきたところです。

・しかし、財政的制約が極めて大きいことから、施策として取り上げられないものも多く、またこれらの中には可能な限り早い時期に取り組んで行かなければならないものも多いと感じます。

・本年はこれら個々の課題を明らかにすると同時に、地方財政制度に照らして大きくバランスを崩している夕張市の財政構造に対する国の見解や対応をあらためて求めて行かなければなりません。

・引き続き本年も皆様のご指導を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

・新年は会長を務めさせて頂いております、夕張太鼓保存会「竜花」の「元旦奉納太鼓」とともに迎えさせて頂きました。皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。

 

アクセスカウンター