空知産炭地議員連絡協議会・中央行動

■先週の11月8(木)~9日(金)の2日間、空知産炭地議員連絡協議会の中央要請行動の一員として私も参加してきました。

■今回の行動の参加者は、会長である稲村久男道議会議員のほか、芦別・赤平・三笠・歌志内・上砂川、そして本会顧問の中澤健次元衆議院議員と私の8名です。

■今回の要請日程については、「特例公債法案」審議開始日となったこともあり、小平事務所さんにぎりぎりまで調整して頂き、最終的に次のとおり予定通りの要請先に要望書の提出・意見交換を行うことができました。

■また具体の要請については、「地方交付税算定における補正係数の見直し」、「自然エネルギーの有効活用に関する支援」、「産炭地露天堀企業に関する支援」、「石炭エネルギー関連研究施設の設置」となっており、空知産炭地5市1町に等しく関連する内容となっております。

要請書の提出先

民主党・総括副幹事長 逢坂誠二 衆議院議員
民主党・総括副幹事長 逢坂誠二 衆議院議員
総務大臣政務官 石津政雄 衆議院議員
総務大臣政務官 石津政雄 衆議院議員
経済産業大臣政務官 岸本周平 衆議院議員
経済産業大臣政務官 岸本周平 衆議院議員

尚、岸本経済産業大臣政務官への要望書提出時には、資源エネルギー庁 資源・燃料部 安居石炭課長さん、省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー対策課 添田課長補佐さんにも同席頂き、意見交換を行っています。

また、横路孝弘衆議院議長・小平忠正国家公安委員長を表敬訪問し、懇談を行いました。

衆議院議長公邸にて
衆議院議長公邸にて
国家公安委員長室にて
国家公安委員長室にて
アクセスカウンター